マイル獲得実践記☆目指せ!陸マイラー名人

航空マイレージの獲得実践記録、陸マイラー名人への道

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

サラリーマンの確定拠出年金個人型

そのかわいらしい声の銀行のお姉さんは、アイコに、少し訛りながら、こう聞きました。

銀行レディ→「スルガ銀行のですねぇ、支店名は、アナシテンとお読みするのですか?」

アイコ→「エイエヌエイシテン、だと思いますが・・」

銀行レディ→「コードがですね、ええっと、見つからなくて・・」

アイコ→「支店番号は850ですよ」

銀行レディ→「銀行コードはおわかりですか?ああ、インターネットで調べます、銀行コードは大丈夫です・・」

アイコ心の声→「最初から調べて電話してこんかいっ」

つい先ほど、とある銀行のかわいらしい声のお姉さんとアイコはにこやかに会話してお電話を切りました。

これにて、オットの確定拠出年金個人型の手続きはすべて完了。来年1月より、スルガ銀行ANA支店引落で、確定拠出年金個人型の拠出が始まります。

401kという言葉を耳にしたのもずいぶん昔のような気がしますが、大企業では、確定拠出年金企業型を取り入れている企業も多く、その企業の社員の方は、企業が負担する拠出額で、退職後、いくらかのお金をもらえる方もあると思います。

企業にとっては拠出するお金の控除で節税になり、その企業に働く方にとっては老後に公的年金以外にプラスαのお金をもらえるとあって、よいしくみなのでしょうが、オットのような小さな会社に勤めている場合は、企業型はムリっぽいので、個人型で老後資金を貯めていくことにしました。

もっと早くに知っていたら、運用期間も長くなって、大きく増えるか、または、今回のような大暴落にあって減ってしまうか、は、わかりませんが、かなり節税になったと思います。

サラリーマンの場合、毎月18000円まで掛け金をかけることができます。年間にすると、216000円ですが、この金額がまるまる所得控除となります。今、年末調整時期ですから、生命保険等の払い込み証明書を会社に提出して、所得控除の申請をされている方も多いのでピンとくる方もあるかもしれませんね。
どれくらいの節税になるかというと、所得税5%(←最低税率)、住民税10%(←一律)の税率で計算すると、
216000×0.15=32400円分の所得税と住民税の合計額を支払わなくてよいことになります。

所得が多い方は所得税率も高くなり、さらに節税効果が大きくなります。

所得税40%(←最高税率)、住民税10%(←一律)の税率で計算すると、
216000×0.5=108000、となり、掛け金の半分が戻ってきますね!

確定拠出年金個人型のメリットは、運用時の利息が現状では非課税であることと、上記の節税、それと、自分で運用商品を決めることができること。
オットは2008年は今までの財形貯蓄をやめて、投資信託の積立を行ってきましたが、日本株・外国株・海外債券をバランスよく積み立てるには、セゾン投信のように月5000円から積立できるバランスファンドもありますが、大体は月1万円からで、3種類のファンドの積立には月3万円が必要でした。しかし、確定拠出年金個人型は、最大掛け金18000円の範囲で、1円からでも積立可能なんです。さらに、信託報酬という目に見えない手数料もびっくりするほど安くなりますから、今後も、投資信託を積立購入するのなら、確定拠出年金個人型のほうが有利。

ただし、デメリットも多く、中途解約はできず、積立金をおろせるのは60歳以降、また、毎月、取扱会社に手数料もとられるし、掛け金をかけない月だってかかる手数料がある、さらに、会社での利用者も少なく、手続きが面倒。

まあ、デメリットの方が大きいような感じですが、ともかく、オットは会社で第1号の確定拠出年金個人型加入者となりました。

取扱会社は、最後の最後まで悩んで、鹿児島銀行に決定。
鹿児島銀行にするかスルガ銀行にするかでかなり迷いました。冒頭の銀行レディは鹿児島銀行の方。移動中のオットが連絡できないのでアイコがかわりに電話したのですが、それまで頻繁に連絡していたオットも、すんごい訛りだったろと笑っていました(失礼)。
目に見える手数料の加入者手数料は、鹿児島銀行が毎月470円、スルガ銀行は毎月163円と圧倒的にスルガ銀行が有利。
ただ、信託報酬という目に見えない手数料は、投資信託の株式型なら圧倒的に鹿児島銀行が有利。
オットが60歳になるまであと18年、このまま、暴落が続いて、経済状況が立ち直らないか、それとも、数年後には立ち直るか、それはアイコにはわかりませんが、毎月こつこつと買い付けていくことで、18年後には少しは経済状況がよくなっていることを祈りつつ、株式重点の拠出開始のために、鹿児島銀行に決定しました。

オットが直接電話で問い合わせた際の対応も決め手になりました。訛りはある意味、ほっとするものなのでしょう。九州人のオットには嬉しい響きだったのかも。

給与振込がスルガ銀行だから、スルガ銀行のほうがスムーズにいったのかもしれませんが、取扱会社は途中で変更することもできるようです。SBI証券なども魅力的な商品もあり、手数料も安いので人気があるようですね。

運用商品もほったらかしにせず、状況に合わせて見直ししていくつもりです。こちらはアイコの得意分野!

マイル同様いろいろ研究していきます♪

陸マイラー最新情報は→fc2ランキング人気blogランキング

ところで、オットは、本日、熱海から群馬の草津へ移動しています。温泉三昧、ではないようです。バスに乗り遅れて待ち時間1時間とのこと。今週末も出張続きで、アイコはの~んびり、できるかなぁ(笑)

アイコの母も確定拠出年金ではありませんが企業年金をもらっています。企業年金にも何種類かあるようで、なんらかの企業年金を行っている企業では確定拠出年金個人型は加入できないようです。自分が加入できるかどうかは経理の方に問い合わせて確認しなければいけませんが、オットの場合、経理の方もちんぷんかんぷんだったようで、鹿児島銀行の担当の方からいろいろと教えてもらったようです。

いろんな制度ができて、もしかしたら自分に得になることもあるのかもしれませんが、自分で調べないとわからなかったり、また、自分で調べてもわからなかったりすることが多い気がします。形だけの制度にならないようにするにはどうしたらいいんでしょうかね。。
最近の暗い雇用情勢など、救いの制度はわかりやすいものにしてほしいものですね。
スポンサーサイト

| 資産運用 | 2008-12-19 | comments:0 | TOP↑















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。